引菓子のマナーって?相手に失礼のないように!

選ぶポイントはどこに?

具体的に引菓子の種類やブランドを選ぶ前に、しっかり確認しておきたいのが贈る側が守るべきマナーです。常識として知っておかないと、せっかく結婚式に来てくれたゲストの方々を不快な気持ちにさせてしまいます。まず予算ですが、1000円~1500円が相場です。より引菓子のブランドやクオリティにこだわりたい人で、予算に余裕がある場合は2000円くらいでもいいでしょう。引菓子を選ぶ時のポイントですが、ゲストが焦らずに食べることができるように、賞味期限が長めのお菓子にするといいですね。食べやすいように小分けになっているもので、個数は割り切ることができない奇数の方が縁起がいいのでオススメです。ゲストの満足度を高めるためにその人の年代や家族構成を考えて贈り分けをしても構いません。その場合は、引菓子を入れる紙袋は統一するなどの配慮を行いましょう。

バームクーヘンなどが定番

バームクーヘンは年輪のような見た目なので縁起もよく、引菓子としては定番ですよね。個包装してあるタイプなら、切り分けたり保管する際の手間もかかりません。他にもブラウニーやラスクなどでもいいですね。和菓子なら金平糖や紅白まんじゅうなどがよく引菓子に使われます。香川県の一部地域では、おいりという、もち米を使ったお菓子が花嫁菓子として昔から贈られてきました。カラフルな球体で可愛らしいんですよ。おいりは物産展や通販で香川県以外でも購入可能なので、引菓子にしたい人は探してみましょう。

福岡の結婚式場は、海、山など自然を活かした結婚式から都会的なおしゃれな建物での結婚式まで大小含め様々です。自分の理想の結婚式を叶えるためにも結婚式場の情報収集は大切です。