子供の写真を使った思い出の本を作ってプレゼントしよう!

本とアルバムの違いとは

子供の写真を使った思い出の本は、特別な日に送るプレゼントとして好まれています。例えば成人式や結婚祝いなど家族だからこそ贈れるプレゼントとして人気です。思い出を集めたアルバムも昔からプレゼントとして贈られていましたが、アルバムの場合では厚みもありお洒落感がないという問題があり、特に大手の写真現像を行うお店では製本サービスでこれらの問題を解決しました。製本型では厚みを抑え自分でデザインやプリントする写真も決めるなど細かなカスタマイズが可能です。また、本のページ数も決める事ができるので多い場合は100枚分もの写真を1冊にまとめる事ができます。子供の写真の中には学校で作られた卒業アルバムなどもありますが、アルバムなどから必要な写真を切り取って使用する事もできます。ただし、卒業アルバム自体を破いてしまう事になるので必ず本人の確認は得るようにしましょう。

本を作る時のポイント

子供の写真を使用して本を作る場合は、デザインとしてコメントを記入できるように空白のページを作るようにしましょう。特に結婚式や成人式などの特別な日にプレゼントするのであれば、親からの子供への手紙としても利用できます。また、写真をアルバム保存していた場合にはその時の思い出を忘れないようにコメントを一緒に付けているケースもあります。その時の親の気持ちや感動をダイレクトに写真と共に伝えたい場合にもコメント用の空白は必要になります。もしくは写真を一度デジタル化しておき、写真内にコメントを入れてから製本化すると写真の枚数を削る事なく本を作る事ができます。

今では簡単に学校写真をインターネットで作成してくれます。同窓会の写真は記念に残るので大切にしましょう。